Zoomを使った有料オンラインセミナーの作り方(ZoomとYoutubeを連携)

プロジェクトの記事

Zoomでオンラインセミナー/オンライン講演会を開催する場合、事前に配信URLを参加者にお知らせしたいですよね。今回は、そのやり方をお伝えします。

手順1:Youtubeを起動させる

【重要】今回の目的は、「事前にセミナー/講演の参加者にライブ配信のURLをお知らせする」ですので、募集を開始したい日の数日前に『手順1』を終わらせておいてください。


配信の準備はYouTubeから行います。
まず、Youtubeにログインをしてください。
ログインをしたら、画面右上にあるビデオカメラマークを押すと「動画をアップロード」「ライブ動画を開始」の選択肢が表示されるので、「ライブ動画を開始」を選びます。

右側のメニューバーから「エンコーダ配信」を選びます。エンコーダ配信を選ぶと、「新しいエンコーダ配信」という画面が表示されます。ここでYoutubeの設定をしていきましょう。

「タイトル」「公開/非公開」「番組の説明」「スケジュール」「サムネイルの設定」「視聴者」「年齢制限」などの条件を設定して、画面右下にある青いボタン「次へ」を押してください。※画面が途切れていてすみません。

「次へ」を押すと、こちらの画面が表示されます。この画面まできたら「ライブ配信の予約」が完了です。
【重要】上部の画面右下に表示されている「ストリームキー」「ストリームURL」は配信する時にも使いますので、ここでコピーをしておくと便利です。

Youtube LIVEの予約が完了したら、参加者に配信用のURLを送るわけですが、これは赤い矢印で指した「シェア」ボタンを押すと、SNSのアイコンが表示されたポップアップが現れます。
このポップアップの黄色い矢印が指す「コピー」を押すと、Youtube LIVEのURLをコピーすることができます。このURLをメールや、メッセンジャー、LINEなどで参加者(申込者)に送りましょう

ちなみに、この段階では「ライブ配信予約中」の画面が表示されています。

手順2:配信の準備

【重要】ここからは当日の準備になります。セミナー/講演会の開始30〜60分前にZoomを起動させて準備を始めましょう。

まず、Zoomを起動させます。
上部の画面になりましたら、画面右下の「・・・」を押すと、上部画像のように「ライブ中 Facebook」「ライブ中 Youtube」「ライブ中カスタムライブストリーム配信サービス」を選択するボックスが現れます
今回は、ここで「ライブ中カスタムライブストリーム配信サービス」を選んでください。

そうすると、上部のような画面になりまして、ここに「ストリーム配信のURL」「ストリーミングキー」「ライブストリーム配信ページのURLを入力」を入力します。
ここでは先ほど解説したYoutubeLIVEの予約完了画面に記載されていた「ストリームURL」「ストリームキー」、そして「YoutubeLIVEの配信URL」を入力します。
「YoutubeLIVEの配信URL」は、参加者に送付しているURLと同じです。

ここまで入力が終わったら、「Go Live」ボタンを押しましょう。このボタンを押すと、YouTube LIVEの配信管理画面に自動で遷移します。すると、右上の「ライブ配信を開始」ボタンがアクティブになっています。これを押したら本番開始です。
YouTube Liveを開始しましょう!

ライブ配信が開始されると、Youtube LIVEの配信管理画面でもライブ配信が始まった様子がわかります。
※モニター右上に「LIVE」の表記がされて、画面右上は「ライブ配信を終了」に変更になります。

Youtubeではこのような感じで、ライブ配信がされています。

Youtubeの配信管理画面で「ライブ配信を開始」を押すと、Zoomの画面もLIVE配信モードに入ります。

このライブ配信を拡散したい場合は、赤い矢印で指した「シェア」ボタンを押すと、SNSのアイコンが表示されたポップアップが現れます。ここで、Facebookを押してみましょう。

そうすると、Facebookの画面が立ち上がりまして、投稿の準備にはいります。お好きな感じで投稿文章を記入して、ポストします。

ポストをすると、あなたのFacebookにYoutube LIVEがシェアされます。

Youtube LIVE配信を終了する場合は、Youtube LIVE管理者画面の右上にある「ライブ配信を終了」を押します。

「ラウブ配信を終了」ボタンを押すと、Youtube LIVEが終わりまして、このような画面が表示され実績が左下に掲載されます。青い「STUDIOで編集」ボタンを押すと、動画の編集ができます。

この機能を使うと、有料の100名を超えるオンラインセミナーもできます。講演家やセミナー講師、コーチ、コンサルタントを生業にしている方にはオススメの機能です。

最後までお読みいただきありがとうございました。