【期限間近】Zoomを最新バージョンにアップデートしないと利用不可になる

プロジェクトの記事

今回は、4月27日発表されたZoom5.0について詳しく解説をしていきます。5月30日までにZoomをアップデートしないとミーティングの主催・参加ともに出来なくなると言われているため、早急のアップデートをお願いします。

Zoom5.0とは

提供:Zoom公式サイト

3月下旬から4月にかけてニュースになりましたZoomのセキュリティ問題について、Zoom社(Zoom Video Communications, Inc.)は4月1日に90日間のセキュリティ強化のための計画を発表し、4月だけで4度のバージョンアップを実施してきました。

そして、4月27日には「Zoom5.0」へのバージョンアップがZoom社から発表されました。

今回のZoom5.0ではセキュリティが大幅に改良されており、端末間の暗号化アルゴリズムを従来の「AES-256 ECB」から最新の「AES-256 GCM」にアップデートされたことにより、ミーティングデータの保護ならびに改ざんに対する耐性が強化されています。これにより、ユーザーがZoomをより安心安全に使えるようになりました。

Zoom5.0へのアップデートは5月30日までに

但し、この強化策に伴って、5月30日までにアプリをZoom5.0にアップデートしないと暗号化方式の違いにより、Zoomミーティングの主催・参加ともにできなくなると案内がされています。

もし、アップデートを漏らしてしまった場合、5月31日以降にどうなってしまうのか詳細は不明ですが、今すぐアップデートをすることをオススメします。

Zoomのバージョンを確認する方法

パソコンの場合は、右上にあるプロフィールのアイコンをクリックすると上図のようなメニューボードが表れます。このメニューボードにある「ヘルプ」にカーソルを合わせると、「Zoomについて」というメニューが出てくるので、これをクリックします。

「Zoomについて」をクリックすると上図のようになり、ポップアップで現在のバージョンが確認できます。

このバージョンが「5.0.2」か、「5.0.4」であれば問題ありません(上図は、5.0.3です)。もし、バージョンが「4.*.*」というように先頭が4で始まっている場合は、アップデートが必要になります。

Zoomをアップデートするやり方

パソコンの場合は、右上にあるプロフィールのアイコンをクリックすると上図のようなメニューボードが表れます。このメニューボードにある「アップデートを確認」にカーソルを合わせて、これをクリックします。

「アップデートを確認」をクリックすると上図のようになり、ポップアップで現在のバージョンが確認できます。最新化されていない場合は、右下にある「更新」ボタンを押すと1分程度で最新化されます。


今回のZoom5.0でミュートの機能などに影響が出ていますので、バージョンアップ後にホストをされる場合は事前にテストをすることをオススメします。

最後までお読みいただきありがとうございました。