Zoom有料プロプランを使って時間無制限でチャットで遊び倒す使い方とは

プロジェクトの記事

時間制限なし!個人がビジネスでZoomを使うなら有料プラン必須

Zoomはオンラインビデオ会議アプリの中でも豊富な機能を備えているうえ、初心者でも扱いやすいのが特徴です。また格安な料金で導入できるのでビジネスをしている方は有料プランがお勧めです。

その中でもオススメなのが「プロ」プランです。個人でビジネスをされている方はこれ一択です。ホストとしてイベントを主催する場合は、機能が豊富で時間制限が無いプロプランの加入は必須です(無料プランの場合は、参加者3名以上の場合は会議時間が40分までと制限されています)。

¥2000円/月の料金がかかってしまいますが、ミーティング時間は24時間まで可能ですので「24時間テレビ」もできるほど。ぜひ、やってみてくださいね。

Zoomメリットとは!ホストが知るべきオンラインビデオ会議アプリの使い方

Zoomは流行りに流行っていて、個人的には2020年の流行語大賞を獲るのでは?と思っているほどです。「Zoom飲み」は流行語大賞を獲りそうですよね。流行語大賞のライバルは「コロナ禍」でしょうか。

さて、インターネットを使ってライブ中継をしたいだけの場合は、無理にZoomを使わなくても大丈夫です。YoutubeやFacebookにもライブ機能が備わっている為、それを利用することで代用できます。

では、Zoomをライブ中継で使うメリットは何か?それは、多地点を繋いで双方向性のあるライブ中継が簡単に実現できるからです。

オンライン進化論!Zoomミーティングのメリットは「多地点中継」「双方向性」

今までイベントを主催すると、「リアル」「オンライン」という2軸で仕分けされていましたが、これからのイベントは「一方通行」「双方向」の2軸で仕分けるべきだと思っています。

以前のブログで、コロナ時代における人との交流について、「リアル・オンライン」の2軸ではなくて、「同期・非同期」の2軸で考えることが大事です。というお話しをしましたが、イベントにおいては「一方通行・双方向」の2軸が大事です。(こちらの記事をご覧くださいね)

YoutubeやFacebookでのライブでもコメントは可能なので双方向のコミュニケーションは一応できますが、講師(提供者)と参加者というように立場の違いが生じてしまいフラット感に欠ける印象があります。

一方、Zoomによるオンラインビデオ会議では参加者を画面に表示して自由に発言をしてもらうことができますので、フラットに双方向でやりとりをすることが可能なのです。

「Zoomじゃ物足りない。やっぱりリアルがいい!」という声を聞くこともありますが、個人的には「そんなに物足りないですか?それはZoomを使いこなせてないだけなのでは?」と思っています。

この現象は、20年前のドットコムバブル時代にリアル店舗がオンライン店舗に移行した時の現象に似ている気がします。当時のショップオーナーは「インターネットなんかでモノが売れるか(怒)!お客様には真心こめて接客するのが大事なんだ!」と言ってた方がた~くさんいましたが、今となってはインターネットでの売上の方が多いショップは山ほどあります。

この事例を踏まえると、10年後にはオンラインイベントのマーケットは10倍以上に成長していると思います。変われない者が置いてかれる時代になりました。

ホストがやるべきファシリテーション!チャットの使い方

Zoomのチャット機能では、LINEやMessengerのように文字でリアルタイムに会話ができる機能を言います。

使い方は、

  • 議事録として活用する
  • アイデアのブレストとして活用する
  • しゃべれない人がチャットで会話に混ざる

など様々です。

このチャット機能は画面サイズの関係でスマホでは操作がしずらいため、チャットを前提に考えるとパソコンからZoomに参加するのがお勧めです。

チャット機能と同じように「投票」機能もオススメです。詳しくはこちらの記事(Zoomの「投票」機能の使い方)をご覧くださいね。

【ホスト必見】チャットの特別な使い方!プライベートチャット&ファイルを送付する方法

Zoomのチャットはメッセージを送り合うだけではなく特別な機能を持っているので幾つか紹介します。

  • 宛先を「全員」から「個人ユーザー」に変更してプライベートチャットができる
  • ファイルを送信することができる
  • チャットをパソコンに保存することができる
  • URLをハイパーリンクにできる

Zoomのチャットは、デフォルトは宛先が「全員」になっているのですが、下記の画像のように予め設定をしておけば、プライベートメッセージの利用ができ送信先を「個人ユーザー」に変更することができます。

Zoomのチャットには、ファイルを送信する機能も付いています。ファイルをクリックしてから「One Drive」「Google Drive」「Box」「コンピューター」からファイルを選んで送信をすることができます。

Zoomのチャット機能でファイルを送信するためには、Zoomマイアカウントにある「設定」項目の中にある「ファイル送信」をONにしておく必要があります。

チャット欄にURLを貼り付けると自動的にハイパーリンクがつきます。但し注意点は、ハイパーリンクがつくのはパソコンだけになります。

最後に、一度送ってしまったチャットは編集や削除ができませんので送信前には注意しましょうね

最後までお読みいただきありがとうございました。