【プロホスト】YoutubeにZoomウェビナーをストリーミング配信する使い方とは

プロジェクトの記事

今回は、Zoomの映像をYoutubeにストリーミング配信をする方法について解説します。この機能を使えば、下の画像のように有料でのオンラインセミナーやオンライン講演会を主催することができます。

この機能を使うと事前に視聴用URLを作成できますので、入金をされた参加者にのみ視聴用URLとしてお知らせすることができます。

今回は、Zoomの映像をYoutubeにストリーミング配信をする方法をお伝えし、有料のオンラインセミナー・オンラインイベントが主催できるようになりましょう!

今回のやり方が難しいと思われた方は、こちらのやり方でもウェビナーができますので参考にしてもらえたら嬉しいです。

・Youtubeでの簡単なウェビナー →こちらです
・Facebookでの簡単なウェビナー →こちらです

ところでストリーミング配信とはなんぞや?

ストリーミングとは、インターネット上のメディア(映像や音楽など)をすぐに再生する技術のことです。身近な例では、YouTubeなどの動画配信サービスや、LINE MUSICなどの音楽配信アプリなどはすべてストリーミング技術を利用しています。

ストリーミング配信がなかった頃は、ダウンロードが主流でしたね。ダウンロードでは、インターネット上のメディアを手元のパソコンやスマホに一旦保存をしてから再生をします。ダウンロードが終わるまは再生はできませんし、待ち時間が長くてイライラした経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

ダウンロードのネガティブな要素を無くしたのが、ストリーミングです。

手順1:事前準備!Youtubeを立ち上げてYoutube LIVEの設定を行う


Zoomの映像をYoutubeでストリーミング配信をするために、まずはYouTube LIVEのセットアップを行います。はじめに、Youtubeにログインをしてください。


ログインをしたら、上記画像の右上にあるビデオカメラマークを押すと「動画をアップロード」「ライブ動画を開始」の選択肢が表示されます。このうちる、「ライブ動画を開始」を選びます。

そうしますと上記画像に遷移しまして、右側のメニューバーから「エンコーダ配信」を選びます。エンコーダ配信を選ぶと、「新しいエンコーダ配信」という画面が表示されます。ここでYoutubeの設定をしていきます。

画面をスクロールすると、「タイトル」「公開/非公開」「番組の説明」「スケジュール」「サムネイルの設定」「視聴者」「年齢制限」などの条件を設定できます。

これらを設定して、画面右下にある青いボタン「次へ」を押してください。設定は後からでも変更できますので、一旦仮置きという形でも問題ありません。

先ほどの画像で「次へ」を押しますと上記画像に遷移します。この画面まできたら「ライブ配信の予約」が完了です。


【重要1】上記画像の画面下段に表示されている「ストリームキー」「ストリームURL」は配信する時に使いますので、ここでコピーをしておくと便利です。【重要2】募集を開始したい日の数日前にこの設定を終わらせておきましょう。

Youtube LIVEの予約が完了したら、参加者に配信用のURLを送ります。そのために、上記画像赤い矢印で指した「シェア」ボタンを押すと、SNSのアイコンが表示されたポップアップが現れます。


このポップアップにある黄色い矢印が指す「コピー」ボタンを押すと、Youtube LIVEのURLをコピーすることができます。このURLをメールや、Messenger、LINEなどで参加者(申込者)に送りましょう

有料でもオンラインセミナー・オンラインイベントを実施する場合は、「入金」を確認してからYoutube LIVEのURLを送信すればいいのです。

ちなみに、この段階では先ほど入力した「スケジュール」に沿って開始時間が設定されているため、「ライブ配信予約中」の画面が表示されています。

手順2:当日の準備!Zoomを開始する

【重要】ここからは当日の準備になります。オンラインイベント前のバタバタを防ぐために、イベント開始30〜60分前にZoomを起動させて準備を始めましょう。

Zoomを始める前にこちらの記事もお読み頂くとよりよい運営ができると思います(Zoomでオンラインセミナーを主催する時に読む記事)。

イベント開始60分前になったらホストはZoomを起動させます。
※イベントスタッフでMTGをする場合は、混乱を避けるために別のZoomを立ち上げて実施することをオススメします。


いつものような上記の画面になりましたら、画面右下の「・・・」を押すと、「ライブ中 Facebook」「ライブ中 Youtube」「ライブ中カスタムライブストリーム配信サービス」を選択するボックスがポップアップとして表示されます。


有料イベントとして実施する場合は、ここで「ライブ中カスタムライブストリーム配信サービス」を選んでください。

「ライブ中カスタムライブストリーム配信サービス」を選択しますと、上部のような画面に遷移しまして、ここに「ストリーム配信のURL」「ストリーミングキー」「ライブストリーム配信ページのURLを入力」を入力します。


ここでは先ほど解説したYoutube LIVEの予約完了画面に記載されていた「ストリームURL」「ストリームキー」、そして「YoutubeLIVEの配信URL」を入力します。
「Youtube LIVEの配信URL」は、参加者に送付しているURLと同じです。

ここまで入力が終わりましたら、「Go Live」ボタンを押しましょう。このボタンを押すと、YouTube LIVEの配信管理画面(下記画像)に自動で遷移します。
※ZoomからYoutubeに自動で飛びます!

画面がYoutubeに遷移すると、下記画像の右上の「ライブ配信を開始」ボタンがアクティブになっていますので、これを押したら本番開始です!


YouTube Liveを開始しましょう!

「ライブ配信を開始」ボタンを押しますと、Youtube LIVEの配信管理画面でもライブ配信が始まった様子が表示されます(上記画像左上です)。
※画面右上は「ライブ配信を終了」に変更になります。ライブ配信を終わらせる時はこのボタンを押しましょう。

Youtubeでは上記画像このような形でライブ配信がされています。

Youtube LIVEの配信管理画面で「ライブ配信を開始」を押すと、Zoomの画面もLIVE配信モードに入ります。

Zoomの画面では下記画像のような形になります。画面左上に「カスタムライブストリーム配信サービスに参加中」という表示されていますね。

ライブを配信する時は、身だしなみも整えておきましょう。見栄えを良くするためのヒントを掲載した記事はこちらです。

手順3:Youtubeストリーミング配信を他のSNSに拡散する方法とは

このライブ配信を拡散したい場合は、赤い矢印で指した「シェア」ボタンを押すと、SNSのアイコンが表示されたポップアップが現れます。ここで、Facebookを押してみましょう。

Facebookのシェアボタンを押しますと、下記のようなFacebookの投稿画面が自動で表示されます。お好きな文章を入力してポストします。

サンプルで「ポケットの中にはビスケットが1つ。なぜ、たたくと2つになるのか。」という文章を入力して投稿してみました。

ポストをすると、あなたのFacebookにYoutube LIVEがシェアされます。画像が開いて投稿されないので残念です、、。

Youtube LIVE配信を終了する場合は、Youtube LIVE管理者画面の右上にある赤い「ライブ配信を終了」を押します。

「ライブ配信を終了」ボタンを押すと、Youtube LIVEが終わりまして、このような画面が表示されて画面左側に実績が掲載されます。

青い「STUDIOで編集」ボタンを押すと、動画の編集ができます。

この機能を使うと、有料で100名を超えるオンラインイベントが開催できます。コロナ禍で多勢で集まれませんので、企業の就活セミナーや企業説明にもオススメです。講演家やセミナー講師、コーチ、コンサルタントを生業にしている方には必須の機能ですね。

これからはリアルとオンラインのハイブリッドでイベントをするのが当たり前になります。トイボックス・エンターテイメント株式会社(弊社)では、オンラインコンテンツの企画や配信のお手伝いもしています。

今回のブログで、Youtubeでのストリーミング配信をマスターして愉しいオンラインライフのお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。