BGMを使って楽しみを倍増させるZoomの使い方

プロジェクトの記事

Zoomを使う主催者が知っておきたいとっておきの機能を紹介します。今回は「ZoomでBGMを流す方法」です。これを知っておけば、Zoom飲み会も盛り上がりますし、トレーナー業や講師業の方にとってはビジネスのクオリティが高まります

コミュニティの主宰者や、コミュニティデザイナーのように場を提供している方にとっても必見の機能になりますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!!

Zoom飲み会を120%たのしむ方法

Zoomが市民権を得て、日本中でZoom飲み会が流行していますが、「何か物足りない」という声をよく聞きます。そこで、Zoom飲み会を120%楽しむための3つのポイントをお伝えします。

1:何をするかよりも誰とするか

「誰と一緒にZoom飲み会をするか」はすごく大切です。先日、ホスト業界に勤める仲間と会話をしたのですが、ホストでもオンラインが得意な方、オンラインが不得意な方がいるそうです。リアルではNo1を獲るホストがオンラインではイマイチだったり。デバイスとの相性を踏まえながら、参加者を決めることが大切です。

2:美味しいものをお取り寄せする

外食は制限されていますが、美味しいものを食べたいという方は多いはず。でも、インターネットで調べてみてもどのお店が美味しいか分からないですよね。そんな時はFacebookで運営中の「みんなで応援フードマーケット」にご参加してはどうでしょうか。食通がオススメする美味しいお店の通販やデリバリーがこっそり紹介されています。画像がリンクになっているのポチッと押すだけFacebookグループに遷移します。

3:お気に入りのBGMを流す

今日の本題はこちらです。

Zoom飲み会をBGM付きで開催すると何倍も楽しくなります。例えば、モーツァルトの音楽は「A10神経を刺激」したり、「自律神経のバランス」を整える効果が科学的に証明されています。音楽は脳や心理に深く働きかけるものであり、その効果は仕事や人間関係に良好な影響を与えることが分かっています。

今回の記事では、意外に知られていない「ZoomでBGMを流す方法」を画像を使いながら丁寧に解説していきますね。

Zoomで好きな音楽をBGMで楽しむ方法

Youtubeを開いて、検索窓にZoom飲み会で使いたい曲名やジャンルを入れてみましょう。ここでは飲み会という場を意識して、「BGM  居酒屋」と入れて検索してみます。

ポイントは、Zoomを始める前に音楽を流しておくことです。もちろん、Zoomを立ち上げてからYotubeをセットするやり方でも問題はありませんが、僕の場合は先にYoutubeで曲を流すようにしています。(理由は、単純にこの方がやり慣れているからです。深い理由はありません!!)

Youtubeで音楽を流したら、次はZoomを立ち上げます。
Zoomを立ち上げたら、「画面共有」ボタン(緑のところ)を押してください。

「画面共有」ボタンを押すと上のような画面になりますので、先ほど音楽を流していた「Youtube」を選びます。
Youtubeを選んだら、画面の上段に「ベーシック」「詳細」「ファイル」というボタンがありますので、「詳細」ボタンを押してください。
<注意点>
Youtubeの画面をデスクトップに置いたままにしておいてください。
画面を畳んでしまうと選択できなくなってしまいます。

「詳細」ボタンを押すと、上のような画像になります。この画面で「コンピューターサウンドのみ」というボタンを押してから、右下にある「画面の共有」を押してくださいね。

そうしますと、みんなが映ったままステキなBGMが聴こえるようになります(写真なので音楽は聞こえませんが)!

トレーナーやヨガ講師などの先生業にもオススメ

今回は、Zoom飲み会という切り口でお話しをしてきましたが、この機能はトレーナー、ヨガ講師、セミナー講師にもオススメです。

BGMをビジネスで使う場合の注意点

予めご自身のコンテンツにあわせた音楽をYoutubeで探しておきましょう。その上で、必ずYoutubeを最後まで視聴しておいてください。その理由は、思わぬところで「広告」が表示される可能性があるからです。

最近は、さまざまな商材やアダルト系の広告も増えてきましたので、このような広告が突如流れてしまうと危険です。ですので、定期的に動画をチェックすることをオススメします。

この機能を使うことでコンテンツのクオリティが高まりますので、ご活用いただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。