【限定公開】Youtuberがオンラインサロン運営で失敗してしまう理由

主催イベントの記事

Youtubeで1万人のフォロワーを抱える方からオンラインサロンの質問を受けました。内容は、「Youtubeで知名度がついてきたので、オンラインサロン運営を始めたいのですが、どのような点に注意をしたらいいですか。」というもの。ブログのネタにすることを条件にClosedなイベントでアドバイスをさせていただきましたw

僕がYoutuberに伝えた3つのアドバイス

  1. Youtuberの利点を使い倒す
  2. Youtuberがコミュニティ運営で失敗する原因
  3. コンテンツを整理すること

Youtuberの利点を使い倒す

Youtuberの利点は、「認知されている」ことです。多くのフォロワーを抱えている人ほど(当たり前ですが)認知されていて、拡散力があります。これはオンラインサロンの集客をする時にとても有利に働きます。オンラインサロンの運営者の80%は集客ができないと言われているので、拡散力は強力な武器になります。(※注意:拡散力=集客力 ではないのでご注意を)

Youtuberがコミュニティ運営で失敗する原因

Youtubeとオンラインサロンのコンテンツの作り方は根本から異なります。基本的にYoutubeは『1:N』でコンテンツを作りますが、オンラインサロンでは『N:N』を意識してコンテンツをつくります。例えるなら、たこ焼きとお好み焼きくらい別物です(伝わりますか?)。オンラインサロンでは双方向性あるコミュニケーションづくりがポイントです。

コンテンツを整理すること

基本的にYoutubeは無料コンテンツで、オンラインサロンは有料コンテンツになります。結構な割合でやられているのが、Youtubeで配信した番組と同じようなコンテンツをオンラインサロンでも配信してしまう事故です。オンラインサロンの有料会員からすれば、無料で観られる番組をわざわざ有料で観ようとは思いませんよね。数あるコンテンツの整理(ポートフォリオ)をオススメしています。


1時間のZoom MTGでこれらのことをお伝えしました。

簡単に整理をすると「集客の話」「コンテンツづくりの話」「コンテンツのポートフォリオの話」です。多くの場合、オンラインサロンのポジションは下図のようにSNSを経由してオンラインサロンに流れてくる設計になると思います。

ですから、使い古されたコンテンツではメンバーは満足してくれません。オンラインサロンという新しく難しい事業を始めるわけですから、きちんと企画や戦略をつくってから始めることを提案させていただきました。

オンラインサロンの成功者のコンテンツの作り方

それでは何名かの著名人のコンテンツを紹介していきます。

ホリエモンさんが主宰する堀江貴文イノベーション大学のコンテンツは主に「ホリエモンのビジネスアドバイス」「新規事業のプロジェクト」です。ホリエモン氏は100万人のフォロワーを抱えるYoutuberでもありますが、オンラインサロンはまるっきり異なるコンテンツです。オンラインサロンでなければ体験できない価値あるものを、コミュニティで提供されています。

次に、キングコング西野亮廣さんが主宰する西野亮廣エンタメ研究所のコンテンツは主に「新規プロジェクト」「新規プロジェクトをもとにした物語(メルマガ風投稿)」です。

西野亮廣エンタメ研究所では、キンコン西野氏による毎朝2000~3000文字のメルマガ風投稿(読み物)がメインコンテンツです。この読み物は、「今まさに西野氏が活動をしているリアルタイムの出来事」が投稿されています。ブログや書籍との差別化は「時間軸」で区別していて、ブログは2~3年前、書籍は半年~1年前の情報がコンテンツになっています。

コンテンツホルダーがやりがちなミスについて

冒頭の「コンテンツづくりの話」「コンテンツのポートフォリオの話」でも書きましたし、先ほどのホリエモンと西野亮廣氏の事例からも分かるように、コンテンツの設計が大切になります。

僕が知っているだけでも、あるヨガ講師がYoutubeと類似した動画をコミュニティで流していたり。ある文化人は書籍に書かれているネタをコミュニティで投稿したり。有名アイドルはLINE@と同じような記事をコミュニティで投稿したり。他にもまだまだありますが、多くの方がこのように既に世の中に出回っている情報をコミュニティで再利用している事例があらゆる場所で見受けられます。

このような事故を防ぐために、オンラインサロンの運営を複数人でやることをオススメしています。数名の運営チームで相談をしながらコンテンツを考えることで偏りを防ぐことができます。これもコミュニティマネージャーやディレクターの役割のひとつです。

オンラインサロンには、オンラインサロンにフィットするコンテンツがあります。そして、オンラインサロンは「有料」という性質を持っているため、他の無料媒体でウケたからといっても有料コミュニティでの再利用は要注意です。

コンテンツを整理するならシナジーマップがオススメ

シナジーマップとは、「自分が抱えている事業やプロジェクトを、地図上に書き出して、それぞれのプロジェクトがお互いのプロジェクトにどういう影響を及ぼしているかを可視化する地図」です。事業やプロジェクトを整理整頓をするならシナジーマップがオススメです。シナジーマップの詳細はこちらの記事をご覧ください。

今回はシナジーマップをコンテンツ向けにを応用して使います。コンテンツを地図上に書き出して、それぞれのコンテンツに「どの媒体・どのメディアで使っているか」「無料・有料」を書き加えます。そして、それぞれのコンテンツがどのように影響し合っているかを可視化します。

可視化したコンテンツを見ながら、「無料から有料への動線」「無料から有料への格上げ」「媒体間でのコンテンツのトレード」などを検討します。これをすると、他のコンテンツと連携できていないコンテンツが見つかります。それが無料コンテンツの場合は断捨離の対象です。

逆にいろいろなコンテンツと連携し合っているコンテンツも見えてきます。このようなコンテンツはあえて「無料にして連携を活発」にしたり、「裾野を広げる」ために使ったり、「有料への格上げ」などを検討します。

このようにコンテンツのシナジーマップを描き全体感を見ながらオンラインサロンのコンテンツの設計をすると良いですよ。是非お試しください。


たまにこのような形でClosedな場を開いて、オンラインサロンについてお話しをしています。ご興味がありましたら、問い合わせページからお知らせくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。