SNSマーケティングよりも効果的なオンラインサロンの活用法

コミュニティの記事

オンラインサロンとクラウドファンディングの始め方!!

初心者のための攻略ガイド 編集長の飯塚裕司です。

 

このサイトは、オンラインサロンを開設したい人、オンラインサロンを運営したい人が読むためのサイトです。一言でいえば、成功するオンラインサロンの作り方のノウハウを提供しているサイトです。

さて、今回はオンラインサロンをビジネスにどのように活かすかについてお話しを進めていきたいと思います。

SNSマーケティングは崩壊しつつあるという事実

ビジネスで売上を伸ばすために、ほぼ100%のビジネスマンが、セールスやマーケティングを学んできました。そして、どのようにセールスやマーケティングをおこなえば高い成果がでるのか、又は効果的なのかについて試行錯誤を重ねてきました。

そして、職種との相性や、ターゲットの属性などから効果的なツールを選択して、セールスやマーケティングを実践してきました。

例えば、むかしながらの製造業ではオンラインよりもオフライン。何よりもF2Fに拘って、信頼関係を築くことが良いとされてきました。そのために、足繁く通うのが営業マンに求められました。

また、サービス業ではDMが効果的だった時代を経て、今ではSNSを使ったセールスやマーケティングが普及しています。例えば、Facebook、Twitter、Instagramをはじめ、最近はLINE@が流行っています。これらのツールを使うことで、不特定多数の相手に経費をかけずに集客活動ができるので、多くのお店やショップ、起業家が活用しています。

しかし、ここで考えてみてください。

果たして不特定多数の相手に広告を発信する必要があるのでしょうか。これからの時代、そのようなやり方で十分な成果を出し続けることができるのでしょうか。

かつて、マスメディアが主流だった時代は、人の時間を無理やり奪って広告を見せる活動がなされていました。その際たる例が、TV CMです。私たちが好きな番組を見ていると、きまっていい場面でCMが入って、邪魔をされたものです。

現在もほぼ同様です。セールスやマーケティングのツールが、徐々にSNSに移行されつつありますが、Facebookも、Twitterも、自分のフィードにはたくさんの広告が現れてきます。さらに、FacebookやTwitterで集客を行う人が多いため、セールスっぽい投稿煽るような投稿が多く見受けられます。ユーザーはいくら友達とはいえ、本能的にそのような投稿が好きではありません。

Facebookはブランディングがしやすいツールです。しかし、Facebookで本当にブランディングができている人は一握りです。多くの人は、広告的投稿とパーソナル投稿の使い分けがうまくできずに、友達からも冷ややかな目で見られている状態です。贅沢な食事の写真を撮ってはFacebookやInstagramにアップをして、それをブランディングと言っている人を見ると呆れます。

このようなセールスやマーケティングもいずれ崩壊します。

これからは個人が自分の経済圏を持つ時代

過去は、TVやラジオ、新聞を使ったマスマケーティングが主流でした。現在は、SNSを利用したマーケティングが旬ではありますが、結局はツールを変えただけの(個人規模の)マスマーケティングにすぎません。インターネットの出現によって、双方向のコミュニケーションが容易に取れるようになったのに、その機能を十分に使えていないビジネスマンや、サービス産業、さらには企業や起業家がとても多い状況です。

これからはいかに、双方向のコミュニケーションをとりながら、コアなファンが集まる経済圏を作れるかがビジネスにおけるポイントになります。

例えば、松田聖子さん。誤解を恐れずにいえば、わたし(35歳)からしたら、過去の人です。そもそも聖子さんはTVにもあまり出ていません。終わったのかな…と思っている人も多いかもしれません。でも、それは大きな間違えです。聖子さんは今でもスーパースターです。聖子さんがディナーショーを開催すれば、¥30,000円の席がすぐに満席になります。それは、聖子さんがご自分の経済圏を持っているからなのです。

自分の経済圏を作るならオンラインサロンコミュニティ

あなたがオンラインサロン(=コミュニティ)を開設すれば、あなたの周りには、あなたの価値観や、あなた自身に興味がある人が集まってきます。これが、小さいながらも独自の経済圏の始まりです。あなたは、その経済圏を育てながら、コミュニティの充実を図ります。

これまでFacebookやTwitter、Instagram、LINE@では育てることができなかった”あなたのコミュニティ”があなたのビジネスを支えてくれるようになります。

例えば、あなたのコミュニティに優秀なパートナー候補が参加しているかもしれません。または、あなたが必要としている”専門性”を持った人材が参加しているかもしれません。彼らは自分が得意な分野であなたのビジネスをサポートしてくれるでしょう。さらには、コミュニティを利用して、テストマーケティングも可能になります。あなたのアイデアや試作品に対して、ユーザー目線での声を届けてくれます。

もちろん、新商品を発売する時には”拡散”にも力を入れてくれるでしょうし、自らが商品を購入し売上の支えにもなってくれるでしょう。

このように、あなたはコミュニティを持つことで、何倍ものレバレッジを効かせたビジネスができるようになります。

インターネットの効果を上手に利用してビジネスを行うなら、オンラインサロン(=コミュニティ)を開設するのがもっとも良い方法です。あなた自身の独自の経済圏を構築してみてはいかがでしょうか。

 

オンラインサロンを開設したい方に、コミュニティのプロデュースをしています。

ご興味がある方は問い合わせフォームから問い合わせください!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

飯塚裕司