【3分でデキる】オンライン会議アプリ『Zoom』のアカウント開設・登録の手順ガイドブック

プロジェクトの記事

今回は、ZOOMの初期登録の方法を丁寧にお伝えしていきます。登録までの道順を画像とともにお伝えしていきますので、ITや機械が苦手な方でも、迷子になることなく、最後まで辿りつけると思います。

これを読めば、わずか3分で登録可能です。

コロナショックでビジネスアプリのダウンロードが急増

コロナの影響でリモートワーク、在宅ワークになる会社が多くありまして、米アプリ調査会社App Annieが調査した新型コロナウイルス感染症が世界のアプリダウンロード動向に与えた影響によると、対策のための在宅勤務推奨やロックダウン(都市封鎖)実施の影響で、特にビジネス関連アプリのダウンロードが急増しているとのこと(3月30日米国現地時間)

 3月14日~21日の世界でのビジネスアプリのダウンロード数は、その前の週から45%増加し、6200万回以上になった模様。これは、2019年のビジネスアプリダウンロードの週平均の90%増(約2倍)に当たるそうです。

過去数カ月のiOSおよびAndroid向けビジネスアプリの世界でのダウンロード数推移(資料:App Annie)

人気筆頭はオンラインミーティングアプリ『ZOOM』

その中でも人気なのが「ZOOM(ズーム)」です。

ZOOMはテレビ会議と同様に映像(ビデオ)と音声を使って、社外にいる相手とのコミュニケーションを可能にし、ビジネスシーンでの機能が特に洗練されたオンラインミーティングアプリです。

Zoomは、次のようなシーンで大活躍します。

  • オンライン会議アプリ「Zoom」の機能 ① ミーティング
  • オンライン会議アプリ「Zoom」の機能 ② 社内研修
  • オンライン会議アプリ「Zoom」の機能 ③ オンラインセミナー
  • オンライン会議アプリ「Zoom」の機能 ④ 懇親会

今回は具体的な説明は割愛しますが、今までは人と対面でないと難しいと考えられていたことでも、Zoomを使うことで、ストレスなく仕事や人付き合いを交わすことができるようになりました。

Skypeに比べて高い利便性を誇るZOOM

ZOOMは、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、どのデバイスでもインストールをすることできます。また、Windows、MacOS、Android、iOSなど、あらゆるOSに対応しているので、利便性に優れています。

ZOOMが普及する以前はSkypeが主流でしたが、Skypeはテレビ電話のオンライン版として作られていたため、お互いの電話番号を知らなければ、通話ができませんでした。

そのため、Skypeアカウントを取得して、お互いのSkype IDを交換する必要があり、これがなかなか面倒な作業でした。さらに、コンセプトが電話でしたので、アプリの中に主催者・参加者という概念がないため、みんなが同じ機能、同じ操作で会話を行います。

これに対してZOOMは、IDの交換は不要ですし、オンラインミーティングやオンラインセミナーを実施する目的で作られているため、とりわけ利便性が高くビジネスに最適化さた機能をもっているため、リモートで仕事をする機会が多いビジネスパーソンには早くから注目されていたアプリです。

ZOOMを初めて登録するための手順

ここからは、ZOOMの登録手順をお伝えしていきます。ITや機械音痴の方でも安心して登録できるように画像を交えて説明をしていきます。

まず、Googleの検索エンジンに「ZOOM」と入力してください。そして、ZOOMの公式ホームページを開くと以下のような画面が表示されます。

この画面になりましたら、メールアドレスの登録をお願いします。メールアドレスの入力したら、サインアップのボタンをクリックしてください。サインアップとは、簡単に言うと、「アカウントを作成する」ことを意味します。ZOOMのサインアップは無料でできますので、ご安心ください。

サインアップをクリックすると、次に誕生日を入力する画面に移ります。この画面では、誕生日を入力してください。

メールアドレスと誕生日の入力が終わると、メールアドレスの確認画面に移りまして、メールアドレスに間違えがなければ「確認」のボタンを押してください。

確認ボタンを押すと、登録をしたメールアドレス宛にZOOOMからメールが送られますので、メールフォルダを覗きにいきましょう。

メールフォルダを開くと、ZOOMから「Zoomアカウントをアクティベートしてください」というタイトルのメールが届いているはずです。メールを開くと、こちらの画像のようなメールを確認することができます。

メールを開いたら、メールアドレスの認証を行うために、「アクティブなアカウント」ボタンを押してください。青いボタンです。

そうすると、下のような画面が立ち上がります。

この画面は注意が必要です。

Zoomは英語表記が残っている場合が多く、英語が読めない方は不安に思われることが多いようですが、ここでは「いいえ」を押してください。はいorいいえ で問われると反射的に「はい」を押しがちになりますが、ここは冷静に「いいえ」を押してください。もう1度言います。「いいえ」を押してください。

ここで「はい」を押してしまうと、次のような画面に移ります。このように英語だらけの画面になりまして、若干ですが、焦ります。

英語アレルギーの方は、英語だらけでドキドキすると思いますので、Google翻訳を使って翻訳をしてみましょう。すると、以下のような和訳になります。Google翻訳はとても便利です。

この和訳から察するに、学校に対する特別な確認のようですね。

説明を戻しますが、「はい」を押してしまうとこのような流れになってしまいますので、「いいえ」を押しましょう。「いいえ」を押すと次のような画面になります。

いよいよ登録画面です。

この画面では、

  • 名前
  • パスワード

を入力します。

この入力が終わりますと、以下のような画面に遷移します。ここでは、右下にある「スッキプする」のボタンを押してください。「スキップ」と聞くと、ついつい良くないことなのかも・・・という気持ちになりがちですが、堂々とスキップをしてください。ここでスキップを押していただいても何の問題もありません。

スキップを押すと、「テストミーティングを開始」の画面になります。ここまでくれば登録完了です。

オレンジ色の「Zoomミーティングを今すぐ開始」のボタンを押して接続を確認するもヨシ、その右側にある「マイアカウントへ」を押してご自身のマイページを確認するもヨシ。

はい、お疲れ様でした。

この登録が完了すれば、あなたも今からホスト役ができるようになります。これからはビジネスはオンラインの時代ですので、Zoomを使いこなして、オンラインでのミーティングや会議、セミナーや研修を楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。