【無料ウェビナー】ZoomをYoutubeと連携してYoutube LIVEを配信する方法

プロジェクトの記事

講師業の方からオンラインセミナーのやり方についてたくさいんの問い合わせをいただいております。
この状況を踏まえて、今回はZoomとYoutubeを連携させて、Youtube LIVEを配信する方法について解説していきます。
この方法は、初心者でも簡単にウェビナー(Web上でのセミナー)をやる方法でもありますので、ぜひ覚えて活用してみてください。

◎ZoomをYoutubeLIVEで配信するメリット

  • 100名以上にも配信ができる
  • アーカイブの自動保存、公開ができる
  • 離れた相手と一緒に配信ができる

Zoomの映像をYoutube LIVEで配信をする手順

オンラインで、講演やセミナー、コンサルティングをおこなうならZoom一択です。他にもTeamsやWebexなどのテレビ会議ツールもありますが、Zoomが一番オススメです。理由は、操作が簡単で、機能が豊富だからです。
今回ご紹介するZoomとYoutubeを連携させて、Youtube LIVEを配信するという機能は本当にお勧めです。

Zoomは、Proアカウント以上であればYouTube Liveなどのストリーミングサービスに配信する機能を持っています。この機能を使うことで、例えば、講師と運営はZoom、参加者はYouTube Liveに分けて参加させることができます。また、OBSなどのソフトウェアを使う必要が無いため、シンプルに配信を構成することができるのでどなたでもお使いになれます。

手順1:マイアカウントにログインします

WebブラウザでZoomを立ち上げたら、あなたのアカウントにログインをしてください。(上の画像の右上「マイアカウント」からログインができます)
マイアカウントをお持ちでない方は、こちらのブログ(オンライン会議アプリ『Zoom』のアカウント開設・登録の手順ガイドブック)お読みください。3分でアカウントを開設できる方法をまとめています。

手順2:設定を変更する

ログインができましたら、画面右側のメニューバーから「設定」を選びます。設定を選んだら、画面を下までスクロールしてください。

画面を下にスクロールをしていくと「ミーティングのライブストリーム配信を許可」という項目があります。ここがめちゃんこ重要ですので、見逃さないでくださいね。

この「ミーティングのライブストリーム配信を許可」は、デフォルトではOFFに設定されています。ですので、これをONにしてください(上部の画面のように、ONは白い玉を右側に寄せればOKです)
ONに変更をすると、「Facebook」「FacebookのWorkplace」「Youtube」「カスタムライブストリーム配信サービス」の4つの選択ボタンが現れます。この中からあなたが普段お使いになっているチャンネルを選択してください。僕の場合は、画像のように「Facebook」「Youtube」「カスタムライブストリーム配信サービス」の3つを選択しています。
この設定が完了しますと、Zoom中にライブ配信機能が使えるようになります。

手順3:Zoom配信中の操作について

手順2で、Zoomの設定を変更できましたら、いつものようにZoomを開始してください。そうしますと、画面右下の「・・・」を押すと、上部画像のように「ライブ中 Facebook」「ライブ中 Youtube」「ライブ中カスタムライブストリーム配信サービス」を選択するボックスが現れます
今回は、ここでYoutubeを選んでください。

Youtubeを選ぶと、アカウントを選択する画面に移行しますので、ここで使用したいアカウントを選択してください。

アカウントを選択すると、ZoomとYoutubeが接続されます。
上部の画面になりましたら、
①YoutbeでのZoomミーティングのタイトルを入力
②プライバシーの選択

この2つが終わったら「ライブへ」を押してください。
〜プライバシー選択〜
◎パブリック :全体公開
◎プライバシー:限定公開

「ライブへ」を押すと、自動的にYoutube LIVEへの投稿が完了します。
この機能を使うことで、参加者が100名以上いても大丈夫ですし、アーカイブの自動保存もできます。

何より、オンラインでウェビナー(講演/セミナー)を行う場合は、参加者のミュートや、ビデオON/OFFの管理が面倒ですので、YoutubeLIVEで配信をすることで参加者の状態を気にすることなく運営できます。主催者の負担がものすごく軽減されますので、ぜひZoomのストリーミング配信機能を利用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。