サルでも解るZoomミーティングの「ブレークアウトルーム」の使い方

Zoomの使い方の記事

今回は、『サルでも解る「ブレークアウトルーム」の使い方』についてご紹介します。Zoomのミーティングでは、ミーティングが開始された以降にブレークアウトルームを設定する方法と、ミーティングを新規作成する時にブレークアウトルームを設定する方法の2つがあります。

今回は、「ミーティングが開始された以降にブレイクアウトルームを設定する方法」について紹介していきます。

【その1】手動?自動?ブレークアウトルームの設定のやり方

さっそくミーティングを開始しましょう。ミーティングを開始しましたら、画面下のメニューバーにある「ブレークアウトルーム」をクリックします(下図)。

ブレイクアウトルームのボタンを押下すると、下図のようなポップアップが表示されます。こちらの画面で、作成したいブレイクアウトルームの数を選択します。

  • 自動」:ホストが参加者を部屋割りを考えるのではなく、部屋の割り当てをZoomが機械的に行う方法。参加者を各ルームに均等に割り当てます。
  • 手動」:ホストが手動で各部屋割りを行う方法。ホストは部屋の割り振りを考えて、参加者を一人ひとり選択しながら各ルームに仕分けます。

自動、もしくは手動の選択ができましたら、「ブレイクアウトルームを作成する」と書かれた青いボタンを押下します。そうしますと、下図のようなポップアップが表示されます。

「自動」を選択した場合
「ブレークアウトルームを作成する」を押した時点で、下図のように自動で参加者の部屋割りが完了した状態で画面に表示されます。この内容でOKであれば、画面右下にある「すべてのルームを開ける」という青いボタンを押していただければ直ぐにブレークアウトルームが開始されます。

「手動」を選択した場合
参加者ひとりずつ部屋割りをしていきます。手動を選ぶと下図のような画面になりまして、画面右にある「割り当て」ボタンを押します。

「割り当て」を押すと、下図のように参加者名が表示されますので振り分けたい部屋番号のところでレ点をつけて部屋割りをします。

参加者の各ルームへの割り当てが完了しましたら、画面右下にある「オプション」を設定していきます。

【その2】ブレークアウトルームのオプションを設定!ホストの腕の見せ所

オプション」をクリックしますと上図のように4つのオプション設定ができます。1つずつ解説していきます

  • 全参加者を自動で分科会室に移動
    このオプションをチェックしますと、全参加者が自動的にブレイクアウトルームに移動します。このオプションのチェックを外した場合は、参加者は参加するをクリックしなければ、ブレイクアウトルームに追加されません。
  • 参加者がいつでもメインセッションに戻ることができるようにします
    このオプションにチェックを入れた場合、参加者はミーティングコントロールからメインセッションに戻ることができます。これを無効にしている場合、ホストが操作するまでブレイクアウトルームを終了することはできません。
  • 分科会室は次の時間後に自動的に閉じます
    このオプションにチェックを入れた場合、設定した時間になると、自動的にブレイクアウトルームが終了します。
  • 時間切れ時に自分に通知
    このオプションにチェックを入れた場合、ブレイクアウトルームの終了時間になると、ホストは通知を受け取ります。
  • 分科会室を閉じた後にカウントダウン
    このオプションにチェックを入れた場合、参加者がメインルームに戻るまでの残り時間を示すカウントダウンが始まります。

細かい機能の紹介!Zoomミーティングを使いこなすホストになろう

上図をもとに、こちらの画面にあるボタンについて補足の解説をしていきます。

  • 移動先
    参加者を別の部屋に移動させるときに使います。
  • 交換
    別ルームの参加者を選択して、選択した参加者と入れ替えます。
  • ルームを削除する
    選択したルームを削除します。
  • 再作成
    既存のブレークアウトルームを削除し、新たに作成します。
  • ルームの追加
    新たにブレークアウトルームを追加します。
  • すべてのルームを開ける
    ブレークアウトルームを開始します。参加者全員がそれぞれのルームに移動します。

【参加者編】ブレークアウトルームに参加する方法

ホストがブレークアウトルームを開けると、参加者には上記のポップアップが表示されます。ここで、「ブレイクアウトルームに参加する」を押下するとブレイクアウトルームに入室できます。

ブレークアウトルームを退出する場合は、「メインセッションに戻る」を押下するとブレークアウトルームを退出してメインセッションに戻ることができます。

【参加者編】ブレークアウトルームで困りごと発生!ヘルプ機能でホストにリクエストを送る方法

ブレークアウトルームの参加者は困りごとや相談事があった場合、ホストに対してヘルプを求めることができます。この場合は、画面下にある「ヘルプを求める」を押下すると、ホストにミーティングに参加するようリクエストすることができます。

参加者は画面下にある「ヘルプを求める」をクリックする
「ヘルプを求める」を押下すると画面が遷移し、「ホストを招待」ボタンを押すことができます。

参加者から招待が発行されたら、ホストをルームに招待を促すダイアログが表示されます。この招待を受諾する場合は、下図の右下にある「ブレークアウトルームに参加するをクリックしてルームに参加します。

【ホスト編】メッセージをすべてのブレークアウトルームへ配信する使い方とは

ホストは、メッセージをすべてのブレークアウトルームへ配信して、すべての参加者と情報を共有することができます。

使い方は、上図の画面左下にある「全員宛てのメッセージを送信」を押しますと、チャットのようなポップアップが表示されますのでそちらに伝えたいメッセージを書いていきます。

この機能を使いますと、ブレークアウトルームにいる参加者全員にメッセージが表示されます。

これでブレークアウトルームの使い方は終わりです。これだけ覚えればバッチリです。

Zoomの便利な機能の紹介

ここからは過去のブログ記事からZoomのオススメ機能、使い方について紹介していきます。下記の画像をクリックしていただければ、過去ブログに飛びます。

これからのZoomライフを楽しんでくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!